FC2ブログ
シンガポール旅行記その1(羽田空港出発)
こんばんは、リサリサです。
旅行で両足の裏にマメを作りまして、やっと少し治ってきたところです。結構歩いたしな~。スニーカーでもちろん歩いていたけど、次回はもう少し長時間歩くのに適したスニーカーを選ぼうかなと思ってます



旅の疲れも少しとれてきたので、本日から少しずつ旅行記をアップしたいと思います。まずは、出発から!私たちが今回旅行してきたのはシンガポールで、飛行機は2月14日の夜の便23時30分(ANA NH151便)出発・・・・の予定でした。

仕事を終え、一度家に帰りシャワーを浴びてから余裕を持って家を出発しました。この日はすごい雪だったので、とりあえず空港へ着くかがまず不安だったけど、だいぶ早めに家を出て、羽田空港へ着いたのが21時くらいだったでしょうか。空港へも無事に到着し、チェックインも完了したので、空港内を少しぶらつくことに。

なんだかキレイでした。
DSC00105.jpg

どちらかというと、外国人向けかな。なぜかやたらくまもんTシャツもありました。
DSC00108.jpg

少しブラブラして、お腹も満たしたあとは出国審査も終えて出発ゲートへ。窓から見える雪がすごくて不安になりながら外を見てました。
DSC00110.jpg

DSC_0042.jpg
雪から雨になるとか言ってたのに、全然でしたね・・・

不安的中で、雪のため出発時間が遅れるとのアナウンス。この時はまだ1時間か2時間遅れるくらいのアナウンスだったけど、結局朝まで飛ばさないとのアナウンスに変更になり、悲鳴があがりながらも仕方なく朝まで待つことに。
DSC00111.jpg

DSC00112.jpg


ちなみに、JAL便はもっと早くに次の日の23時まで飛ばさないとのアナウンスがあり(0時くらいだったかな?)、こちらは先に悲鳴があがってました。JALは対応が早く、このタイミングで振替、払戻などの対応を行っていて、空港で寝泊りを余儀なくされる人への毛布なども素早く配ってました。

私たち、ANA便利用者への毛布が配られ始めたのが1時過ぎ、毛布といっても機内で配られるうすっぺらいタイプのもの1枚しか配られなかったので、凍えながら寝て過ごしました。

仕方なく至る所であきらめて寝る人々。
DSC00113.jpg
空港で何もすることがなく、とりあえずポツポツと呟きながら死屍累々とした人の写真をそちらでもアップしてますので、かわいそうだなと思いながらこちらもどうぞ→

毛布の配布があってしばらくしてから配られた(というか毛布同様取りに来いっていうアナウンスがあって、ジョジョがとってきてくれました)お菓子。この時点で2時くらいだったかしら。。
DSC00115.jpg

DSC00116.jpg

さすがに疲れてきたので、少しでも寝ておこうと床に横になって寝るジョジョ。
DSC00120.jpg
私もこのあと椅子の上で変な体制になりながら寝ました。

そして、朝。何もすることがないので、ジョジョが上から撮影してきた写真。
DSC00122.jpg

DSC00123.jpg

DSC00124.jpg

DSC00125.jpg

当初、9時30分くらいに飛ぶと言ってた飛行機飛ばず。その後、まったく情報をよこさぬまま飛ぶ飛ぶいうANA。次に11時45分に飛びますというアナウンスがあったので、待っていたが時間をだいぶ過ぎても何も連絡なし。このとき、ANAシンガポール便だけでなく、タイ便の人も昨夜から同じ状態で飛ぶといわれて待ってました。そうこうしていると、タイ便は午前の短時間の間に搭乗時間を3度ほど変更しながら、やっと並んでくださいとのアナウンスが流れ(確か12時過ぎくらい)、やっと飛ぶんだなーと私たちもタイ便の人が並んでる姿を見てました。

ところがなんと、わざわざ並ばせてどう見ても飛ぶと思わせた矢先、再度の時間変更連絡。しかも、今度の時間変更はそこから12時間後という暴挙に出たANA。同じくして、シンガポール便も飛ぶ飛ぶ言ってたくせに、12時間後の23時30分に変更とのアナウンス。つまり、タイ便、シンガポール便ともに、本来飛ぶはずだった日のきっかり24時間後の同じ時間へと変更されたのです。(このときの英語のアナウンスがこれまたひどく下手すぎで、なんでこんなのに喋らせたんだよ・・・あれ、外国人わからんだろうに・・・)

これには、タイ便、シンガポール便ともに待ってた人々ブチギレ!!そりゃそうでしょ。飛ぶ飛ぶと言って、既に12時間拘束したあげくの更に12時間待てという暴挙&寒さ&疲れ&空腹の状態ですし、飛ぶ飛ぶ詐欺への怒りがおさまるわけもなく、どういうことか説明を求めてわらわらとカウンターへ押し寄せるも、ANAの対応がアホとしか思えないのですが、マイクも使わず、一人一人へ説明するというのです。当然後ろは聞こえないし、時間もかかるしで、アホかと。


それならせめて、他の航空便へ振り替えたいとタイ航空は空いてないのか、シンガポール航空は空いてないかと聞くも空いてないので、一番早いのはこのまま待つことというめんどくさそうなやる気も無い対応。他の人も同じ対応だったらしく、空いてないなら待つしかないですよね?ということで、殺気立ちながら待ちました。一旦外に出るにしても、荷物もピックアップしなきゃいけないし、もう一度出国審査をやらなくてはならいのでめんどくさいですし。。

この後、もっとイラッとしたのがタイ航空とシンガポール航空の便が夕方くらいに先に飛んでいったのですが、なんとガラガラで席が余っていたということ。もう少し早くにわかっていればキャンセルしてこちらへ乗り換えたのに。それもこれも、ANAが他社便は余っておらず無理だといい加減な対応をしたせいで

あまりの怒りっぷり&抗議の連続に、夜19時くらいにやっとおにぎりやランチパックなどが配られました。しかも、「ここらへん売り切れてるので遠くまで行って買って来ました」という恩着せがましいセリフとともに。余計にイラッとしました。このあたりで寒くないですかと追加の毛布配布。遅いわ(怒)と怒りMAXの我々。

早めにアナウンスし、対応をしたJALの評価はあがりましたが(お食事の気配りとかも断然JALのほうがよかった)、ANAは二度と利用したくないと思いました。雪のせいで遅れたのはもちろん天災なので仕方ないことくらいは皆わかってます。雪で遅れたその後の対応がANAはひどかったから怒ってるのです。なぜ、ここまで怒りMAXになったかということにANAは全然わかってないと思います。だから、その後一律1万円を配りますなどという神経逆なでする対応をしたのでしょう。

結局、その後23時50分くらいにやっと飛行機へ乗り込めたと思ったら、急に搭乗取りやめの客が何人か出たので荷物を降ろす作業があるので遅れますといわれ、飛んだのは1時くらいでした。
搭乗の際に配られた遅延証。
DSC001291.jpg

結局飛んだの1時過ぎなんだから遅延24時間じゃないだろ(怒)

いつもだと、私飛行機の離陸時にテンションがあがっていて、とても楽しくウキウキしながら窓の外を眺めているのですが、この日ばかりは疲れもMAXでしたし、ぼんやり眺めながら外を見るばかり。全然テンションあがらずだったな。。

どうでもいいですが、この後ANAの飛行機で配られたお菓子は、上記の7枚目で配られたものと同一でした。機内食も食べる気すらしなかったので、行きは食べてないのでどんなものかわかりません。

こうして、私たちの不愉快な26時間は過ぎていったのです。長かったな・・・。次回は、やっとシンガポールへ到着してからの旅行記になります。というわけで、その2へ続く→


この26時間拘束がかわいそうだなと思ったら各ボタンをポチリポチリしてくれると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ



テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

[2014/02/22 20:09] | シンガポール | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<シンガポール旅行記その2(シンガポール到着、マリーナ ベイ サンズ/Marina Bay Sands) お部屋) | ホーム | 2014年バレンタイン JEAN-CHARLES-ROCHOUX(ジャン=シャルル・ロシュー)のカルーセルはチョコ削りが楽しい!>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://miyuko0109.blog.fc2.com/tb.php/449-39508310
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |